読書:「あたらしい憲法のはなし」(文部省)中学1年生向け教科書 1947年(昭和22年)

読書
02 /11 2018
20150503憲法の話 (2)

No.2721 2018.2.11(日曜日)
おはようございます!(^-^)/ 新谷郁子です。

▼本日は、第114回秘書検定2級・3級本試験日です。
 天気は、昨日小雨が降っておりましたが、
 会場への交通は大丈夫そうな天気で、ホッとしております。
 ご家族のご協力あっての受験です。
 試験に行くだけでもたいへんだと思います。新谷も
 親の介護中は受験に来れたことが本当に有難かったです。
 今日は今までの力を縦横無尽に発揮されてくださいね!

▼明日2/12は都合により一日休講となりました。
 その分を本日午後開講いたします。
【2月11日(日)9-17時開講しております。】
※2月12日(月・振替休日)は終日休講です。

▼当教室では、スクール生、ブログ読者、メルマガ読者の
 皆さまのスキルアップとお幸せを心より応援しております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■読書:「あたらしい憲法のはなし」(文部省)1947年(昭和22年)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今日は「建国記念の日」ですね。
 fbであるジャーナリストの方が投稿しておられたのですが、
 「建国記念の日」の
 由来は「紀元節」(初代天皇神武天皇が即位した日)で、
 「日本が建国された日」ではなく、
 「建国をしのび、国を愛する心を養う。」日なのだそうです。

▼そこで、今日は日本を思う日にしようと、読書も
 「あたらしい憲法のはなし」(文部省)を読んでみました。
 ~日本国憲法」公布の翌年(1947年)に
  文部省が作り実際使われていた中学1年用の社会科の教科書~
 がネットで全文アップされていました。
 青空文庫で無料で読めます。数分で読めます。
 http://www.aozora.gr.jp/cards/001128/files/43037_15804.html

▼Wikiによると
***********
「1947年8月2日に当時の文部省は、同年5月3日に施行された日本国憲法の解説の
ために新制中学校1年生用社会科の教科書として発行した。
「憲法」「民主主義とは」「國際平和主義」「主権在民主義」「天皇陛下」
「戰爭の放棄」「基本的人権」「國会」「政党」「内閣」「司法」「財政」「地方自治」「改正」「最高法規」
の十五章からなり、日本国憲法の精神や中身を易しく解説している。」
************


▼この素晴らしい教科書は、1950年頃に副読本となり、
 1952年には使われなくなってしまったそうで残念ですが、
*********
著作権は旧文部省に属するが、
保護期限は過ぎてパブリックドメインとなっており、
各社から(果ては個人からも自費出版の形で)復刻版が出版されている。
*********(Wikiより)

 そうです。

▼中学校1年生向けの文章ですので、
 社会科が不得意な私でも、わかりやすく読めました。

戦争放棄の箇所が有名ですが、
20150503憲法の話 (1)

今日は、「基本的人権」の箇所が心にとまりました。

**********
みなさんは日本國民のうちのひとりです。
國民のひとり/\が、かしこくなり、強くならなければ、
國民ぜんたいがかしこく、また、強くなれません。
國の力のもとは、ひとり/\の國民にあります。
そこで國は、この國民のひとり/\の力をはっきりとみとめて、
しっかりと守ってゆくのです。
そのために、國民のひとり/\に、いろ/\大事な権利があることを、
憲法できめているのです。
この國民の大事な権利のことを「基本的人権」というのです。
これも憲法の中に書いてあるのです。
**********

**********
七 基本的人権
 くうしゅうでやけたところへ行ってごらんなさい。
やけたゞれた土から、もう草が青々とはえています。
みんな生き/\としげっています。
草でさえも、力強く生きてゆくのです。
ましてやみなさんは人間です。生きてゆく力があるはずです。
天からさずかったしぜんの力があるのです。
この力によって、人間が世の中に生きてゆくことを、
だれもさまたげてはなりません。
しかし人間は、草木とちがって、たゞ生きてゆくというだけではなく、
人間らしい生活をしてゆかなければなりません。
この人間らしい生活には、必要なものが二つあります。
それは「自由」ということと、「平等」ということです。
 人間がこの世に生きてゆくからには、
じぶんのすきな所に住み、
じぶんのすきな所に行き、
じぶんの思うことをいい、
じぶんのすきな教えにしたがってゆけることなどが必要です。
これらのことが人間の自由であって、
この自由は、けっして奪われてはなりません。
また、國の力でこの自由を取りあげ、
やたらに刑罰を加えたりしてはなりません。
そこで憲法は、この自由は、けっして侵すことのできないものであることを
きめているのです。
(つづく)
***********

基本的人権20180210

▼この基本的な考え方は今も変わっていないし大事だと思います。
 戦後昭和20年代半ば過ぎまでは、このような教科書で
 学んでいたのだ、と感動した思いで読みました。

▼「平和」「基本的人権」は、思想信条によらず、
 誰しもが持つ願いです。
 特に町のパソコン教室とはいえ、教育的な仕事に携わる者として、
 大人として、母親として、こういう意識をしっかり持ち、
 自分の考えを、自分なりに持ってまいりたいです。

【あたらしい憲法のはなし(文部省)1947年(昭和22年)】
 ~文部省が作り実際使われていた中学1年用の社会科の教科書~
 全文 青空文庫で無料で読めます。
 http://www.aozora.gr.jp/cards/001128/files/43037_15804.html
************
底本:「あたらしい憲法のはなし」日本平和委員会
   1972(昭和47)年11月3日初版発行
   2004(平成16)年1月27日第38版
底本の親本:「あたらしい憲法のはなし」実業教科書株式会社
   1947(昭和22)年7月28日同日翻刻印刷
   1947(昭和22)年8月2日同日翻刷発行
   1947(昭和22)年8月2日文部省検査済
※「/\」と「/″\」の使い方は、底本通りにしました。
入力:林 幸雄
校正:松永正敏
2004年6月9日作成
2013年6月7日修正
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫
(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったの
は、ボランティアの皆さんです。
*************

▼本日の日曜日の読書は「建国記念の日」にちなみ、
 戦後の数年間、実際に使われていた中学1年生の社会科教科書
 「あたらしい憲法のはなし」でした。

20180210.jpg

コメント

非公開コメント

heartfulpc

東京アクセスOAスクール羽村校
パソコンインストラクタの新谷です

東京都羽村市で
初心者の方も
超リーズナブルに
Word Excel powerpoint等
履歴書に書ける
パソコン資格を
取得できるパソコン教室です。
https://heartfulpc.jimdo.com/

お電話でのお問い合わせは
042-555-5892
ホームページ
https://heartfulpc.jimdo.com/