FC2ブログ

読書:ありがとうと言って逝くための10のヒント「死にざまこそ人生」柏木哲夫 著

読書
09 /22 2019
201909jimdohedder2.png
No.3309 2019.09.22(日)
おはようございます!(^-^)/ 新谷郁子です。
本日9/22(日)、明日9/23(月)は休講です。
9/24(火)以降の
皆様のお越しを心よりお待ち致しております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■読書:ありがとうと言って逝くための10のヒント「死にざまこそ人生」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼昨日は、親戚のお通夜にまいりました。
 悲しみの中にも、故人の在りし日の姿を想う
 暖かい暖かいよいお通夜でした。

▼若い頃25年間ほど、キリスト教の教会に通っていたので、
 死については、毎週日曜日の説教で何度も聴き、自分なりの
 死生観はもっているつもりですが、
 身近な者の死と、残されたご遺族にお会いする時に、
 なんと言葉をかけようか、言葉は特に言わなくても
 どんな心持ちでいるかを思います。

▼そんな今週、手に取ったのが、
 ホスピスを日本ではじめてはじめ、
 多くの方々を看取ってこられた
 淀川キリスト教病院の柏木哲夫氏のご著書
 「死にざまこそ人生」です。
死にざまこそ人生20190922 (2)

死にざまこそ人生20190922 (1)

▼2年前に旅立った父が元気だったころ、母と3人で、
 この本を一緒に読んだことがありました。
 
▼心に残るところがたくさんあるのですが、今回、心に残ったのは、
 私たちは、人生でだれしも遭遇する試練で、 小さな死を体験する。
 その小さな死を乗り越えてたくましく生きてきた人は、
 静かに死を受け入れて穏やかに死んでいける。
 というような内容でした。

 「人は生きたように死んでいく」とはじめの文章にもありました。

▼品があっていつも穏やかだった旅立った親戚の者を思いながら、
 悲しみの中にも、さわやかな想いが心に残りった秋の日でした。
 
20190903百日紅

 


heartfulpc

東京アクセスOAスクール羽村校
パソコンインストラクタの新谷です

東京都羽村市で
初心者の方も
超リーズナブルに
Word Excel powerpoint等
履歴書に書ける
パソコン資格を
取得できるパソコン教室です。
https://heartfulpc.jimdo.com/

お電話でのお問い合わせは
042-555-5892
ホームページ
https://heartfulpc.jimdo.com/