FC2ブログ

iPad版Officeをマイクロソフトがリリース! 日本提供は未定

iPad2
03 /28 2014
20140227.jpg

No.1298 2014.3.28(金曜日)


おはようございます(^-^)/ 新谷郁子です。

昨日は、すてきな男子高校生がExcelExpertをスタート
なさいました。

Excelスペシャリストを楽にこなせた方は、
ちょっとハードではありますが、

スペシャリスト飛び級して、いきなり!
エキスパート(上級)にトライするのもいいですね!

飛び級いきなりエキスパート上級コース!
チャレンジしてみたい方、
ぜひインストラクタまでご相談ください。(*^-^)v

さて、
さきほどiPadのためのOfficeがリリースされた
とのニュースが発表されていましたので、
ご紹介させてください。


――――――――――――――――――――――――――――
■iPad版Officeをマイクロソフトがリリース!
日本提供は未定

――――――――――――――――――――――――――――
▼Yahoo!ニュースより
「マイクロソフト新CEO、iPad版Officeを発表。」
http://bylines.news.yahoo.co.jp/masakazuhonda/20140328-00033980/

日本向けのiPad版Office提供は先送りだそうです。
が、無償でリリースされるとの記事もあります。

以下は上記Yahoo!ニュース記事よりの一部引用です
----------------
▼【注目はiPad版Officeではなく、それが提供される背景】

iPad版Word
iPad版Word
iPad版Excel
iPad版Excel
iPad版PowerPoint
iPad版PowerPoint

マイクロソフトが目指しているのは
「デバイス&サービスの会社」への転換だ。

その一環として、看板商品のひとつであるOfficeは
ソフトウェアパッケージから、
月々の支払で利用する購読型製品への転換を図り、
ソフトウェアとクラウド型サービスを一体化した製品へと変貌した。

iPad版Officeはその副産物として生まれたものだ。
パッケージ製品ではなくサービスならば、
いつ、どこでも、どんなデバイスからも”Office”との接点を持てる方が、
製品としての価値が高まる。

Officeがパッケージ販売という従来のパラダイムから抜け出し
”サービス”となった象徴がiPad版Office。
これをマルチプラットフォーム化の一環として捉えると、彼らの戦略を見誤る。

「マイクロソフトのクラウドは、
モバイルデバイスをクラウドとの接点としてあらゆるデバイスと繋がる。
現代においてユーザーはひとつのデバイスではなく、
多様なデバイスを組み合わせて使っている」
とナデラ氏。

また、昨今は
BYOD(Bring Your Own Device:個人保有の携帯用機器を職場に持ち込んで業務に使用すること)
が一般的になってきており、
多種多様なデバイスを使って生産活動を行う中で、持
ち込みデバイスが使われることも少なくない。

クラウドを中心に、あらゆる製品を再配置、再設計し、
クラウドを前提にモバイルデバイスを含む利用者との接点を作っていく。
これがマイクロソフトに基本的なやり方だ。

Windows AzureからMicrosoft Azureへと名称変更が行われたクラウドサービス、
Officeのサービス化、それにノキア買収や自社製ハードウェアへの注力など、
あらゆる歩みは”新しい会社”への変化の過程で起きていることに過ぎない。

「コンピュータ業界は変わった。
半導体技術の進歩などがコンピュータを大幅に小型化した。
さらにタッチパネルUIに代表されるように、
ヒトとコンピュータの関わりが大きく変化し、
世の中の情報は容易にデジタル化可能になっている。
またユーザー、デバイス、アプリが協調することで、
クラウドが大きな価値を持つようになってきた」とナデラ氏はいう。

マイクロソフトの戦略は、こうした変化に対応したものなのだ。

この記者会見でナデラ氏がiPad版Officeを発表したのも、
強力な競合相手でもあるアップルの、
しかもマイクロソフトのドル箱であるPC市場を侵食していると言われる
iPadを引き合いに出すことで、

”デバイス&サービス”

の会社に変わることを強調したかったからに他ならない。
今回の発表により、Office 365はPC、Mac、各種スマートフォン、
各種タブレット、それにWebブラウザ。
これらすべてに対して完全な機能を提供することになる。
ナデラ氏は、BYOD、マルチデバイス対応、データ保護といった企業ニーズを満たすため、
エンタープライズ向けのモバイルアプリケーションセット(スイート)を提供するとも話した。

もっとも、クラウドとモバイルデバイスを中心とはしているものの、
”Windows”に関して改良の手を弛めるつもりはないようだ。
Windowsをフックにすることで、
さらにイノベーティブなソリューションが提供できるという。

ナデラ氏は「我々は顧客価値の視点に立って、
モバイルファースト、クラウドファーストで作られた新たな提案を用意している。
来週開催される開発者会議のBUILDに注目して欲しい」と話し、
4月2日からのイベントへの含みを残した。


▼【日本向けのiPad版Office提供は先送りに】

最後に発表された新製品についての情報をまとめておこう。

マイクロソフトは昨年、すでに提供済みだった
iPhoneおよびAndroid向けのMicrosoft Officeに加え、
iPadの画面に最適化した新開発のアプリの提供開始をアナウンスした。

アプリのダウンロードは無償だが、
Office 365の購読者IDを入力しなければ利用できない。
また、iPhone版と同様に日本のApp Storeには提供されず、
日本向けのOffice 365の購読者IDを入力しても利用できない。

ただし、海外でOffice 365に加入しているIDであれば、
同じく海外登録のApple IDを用いることでiPad版Officeを入手することはできる。日本語化も完璧に行われており、いずれ日本市場向けにも提供されることが予想される。

ただし、iPhoneおよびAndroid向けのMicrosoft Officeは無償化され、
Office 365の契約者でなくとも使用することが可能になる見込みという。

この際、アップルApp Storeの国別制限もなくなり、
日本のIDからもiPhone版Microsoft Officeがダウンロード可能になるそうだ。

”日本向けだけ提供されない”とう点が引っかかっている読者もいるだろうが、
これは日本市場だけパーソナル版のOfficeが作られ、
パソコンへのプリインストールが実施されていることと無関係ではない。

海外では”購読型”に一斉に移行されたOfficeだが、
日本ではプリインストール版があり、
その代わりに家庭向けのOffice 365が存在しない。

現在のOfficeは購読型のサービスモデルへと移行する過渡期で、
あくまで”コンピュータにインストールするソフト”の存在感が、
ユーザーのマインドシェアとしては高い。

しかし、今回の発表を見る限り、
コンピュータにインストールするソフトウェアは
”ユーザーとの接点”を生み出すためのもので、
製品としては”サービス”を販売する方向性が明確となった。

現在はプリインストール版が好まれる日本において、
購読型サービスへの移行が遅くなっているが、
今後は海外との足並みが揃うとかんがえられる。

そろそろ次期Officeの噂も囁かれ始める季節となったが、
次はいよいよクラウドに機能・価値を湛えたサービス指向のOfficeに、
各デバイスプラットフォームごとに最適化したフロントエンド……
という組み合わせに製品は変化していくだろう。
そうなれば、日本でもデバイスの区別なく、
あらゆる端末のOfficeを購読契約だけですべて利用可能になる。

もちろん、この技術・マーケティングトレンドは
Office分野だけにとどまるものではなく、マイクロソフトの
すべての事業領域に及ぶものだ。
まずは米国時間4月2日、
BUILDにおけるナデラ氏が行う最初の基調講演に注目したい。
------------------
Yahooニュースよりの引用ここまで。

▼週刊アスキーの記事リンク
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/210/210158/


※昨年のマイクロソフトカンファレンスでも確かに
自社の製品だけを強調するのでなく、
パソコンはWindows、マック、iPhone,iPhad,Androidスマホ、タブレット
などメーカーにこだわらず、便利なツールをさまざま使っている
お客様の視点にたって、全部のデバイスを紹介していました。

iPadでAppStoreを見ても、Onenoteがあっただけで、
まだiPad版Officeは出ていないようです。

Officeの出来るアプリもありますが、本格的ではありません。

PC教室でもいよいよiPad版Officeを教える日は
そう遠くないかもしれませんね!

次々に変化するIT、せっかくコンピュータエイジに生まれたので、
楽しみにして、がんがん習得していきましょう

――――――――――――――――――――――――――――
■Webクリエイター4月試験日ご予約【ご予約受付中】
――――――――――――――――――――――――――――
 2014年4月12日(土)PM13:00~16:00

  申込とお振込締切は試験2週間前の本日3月28日(金)です。

 ※Dreamweaverはすでに4/12(土)14:00-17:00ご受験ご予約済みです。
  上記以外の時間帯でしたら、Dreamweaverにてご受験頂けますので
  ご検討よろしくお願いいたします。 

 ☆Webクリエイター試験お申込みはこちらから
  ⇒ http://webcreator-shiken.jimdo.com/

では、今日も、PC頑張りましょう!(^o^)/

―――――――――――――――――――――――――――
■基本情報一日一問 
H24秋午前(マネジメント)問題

―――――――――――――――――――――――――――

【午前問51】((Work Breakdown Structure)

プロジェクトスコープマネジメントにおいて,
WBS作成のプロセスで行うことはどれか。

ア 作業の工数を算定してコストを見積もる。

イ 作業を階層的に細分化する。

ウ 作業を順序付けして,スケジュールとして組み立てる。

エ 成果物を生成するアクティビティを定義する。

【正解】イ

▼「情報処理試験公式サイトにも問題と解答が公開されております。
http://www.jitec.ipa.go.jp/

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆

▼▽ 今日の名言から
羽仁もと子著作集「思想しつつ生活しつつ(中)」第三巻より
P309

強味に照り輝く人格を持っている人は、
ことごとく自分の望みに人一倍の熱情をもって、
努めてまずその一つ二つを成し遂げたことから、
だんだんにその人格を得て来たように思います。

常に出来そうのないことを成し、
勝てそうのない戦いに勝ち通したナポレオンが、
『能(あた)わず』の語は、
愚人の字書にあるだけだといったのは、
ほんとうにその衷心よりの経験を語ったのです。

(中略)

何につけても「能(あた)わず」
ということさえ思っていればのんきだ
としているらしく見えます。
そんなことは、なかなか出来るものではない、
理想と実際とは違うからといって賢ぶっているのです。
(中略)

理知はいうまでもなく必要なものです。
しかしながら、ほんとうに私たちの
生涯の生(いのち)となる力は、
私たち自身の真実な経験にあることを考えてみると、

私たちは出来るだけ努めて、
すべてのことは、すればだんだんに出来ていくものである、

理想の存在するのは、そういう境地の
拓き得らるるしるしであると信じ得るような経験を
得てゆきたいと思います。

ことに幼い子供や少年少女の時代において、
私たちの子供たちが、
かれらの小さき生活の中において、
自分のしたいことは出来るもの、

正しい望みはついに遂げられ得るものだという経験を、
機会あるごとに得られるように尽力してやりたいと思います。

(大正5年9月)
 羽仁もと子 1873(明治6)-1957(昭和32)

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆

また明日どうぞよろしくお願いいたします!(^-^)/
---------------------------
20140327もも

heartfulpc

東京アクセスOAスクール羽村校
パソコンインストラクタの新谷です

東京都羽村市で
初心者の方も
超リーズナブルに
Word Excel powerpoint等
履歴書に書ける
パソコン資格を
取得できるパソコン教室です。
https://heartfulpc.jimdo.com/

お電話でのお問い合わせは
042-555-5892
ホームページ
https://heartfulpc.jimdo.com/