FC2ブログ

html css idとclassの使い分け

Webクリエイター試験
10 /21 2011
20111021 (1) - コピー


皆様、おはようございます♪
今日ははやいもので金曜日!
今日もあなたにとって素敵な一日でありますように(^-^)/

素敵な男子学生から「合格しました!」と
メールいただきました。

Word Excel PowerPoint Webクリエイターと
次々に制覇した実力と書ける資格は、
就職活動にも、どの道でもきっと役立つはず。
おめでとうございます!\(^o^)/(No.144)

また、キータッチ2000で1300文字に伸びた方、

携帯についてお詳しく、親切に教えてくださった方、

昨日はうれしいことがたくさんありました。

Webクリエイター試験コースを受講なさっておられる
すてきな青年のご質問からです。

―――――――――――――――――――――――――――――
■Webクリエイターコース html css idとclassの使い分け
―――――――――――――――――――――――――――――

スタイルシートで、スタイルを一部にだけ適用させる場合、
classだけを使っている方々も多いでしょう。
それはそれで特に問題ありません。

ただ、HTMLの構造からidを使った方が望ましい場合には、
idも使うようにすると、ソースが分かりやすくなります。

「class」と「id」の違いは、次の通りです。

id ページ中に1度しか登場しない
class ページ中に何度でも登場する


「id」は、ページ中で一意に特定できる場所を示すために使われます。
ですから、1ページ中に1度しか使えません。


「id ページ中に1度しか登場しない」

具体例としてはヘッダー・サイドバー・フッターなどに
そのページ内で一度使うだけで、2度登場することはない場合
idを使う、ということです。


こちらのサイトが大変わかりやすく説明されています。
上記の説明はこちらから一部引用させて頂いております。

http://allabout.co.jp/gm/gc/23897/

heartfulpc

東京アクセスOAスクール羽村校
パソコンインストラクタの新谷です

東京都羽村市で
初心者の方も
超リーズナブルに
Word Excel powerpoint等
履歴書に書ける
パソコン資格を
取得できるパソコン教室です。
https://heartfulpc.jimdo.com/

お電話でのお問い合わせは
042-555-5892
ホームページ
https://heartfulpc.jimdo.com/